うつ病は小麦製品であるパンや麺のグルテンを疑え!

漢方の世界では、食事を2食から3食に
変えた途端に病気の種類が増えたそうです。

 

それはどういうことかというと、

「1日の食事回数は3回である」
「体に良くない物を摂取する機会が増える」
「病気に罹り易い」

という事になります。

 

グルテンも、戦後の食の欧米化から
日常に定着してしまった物です。
そして、そのグルテンはうつ病とも
深い関係がありました。

 

o0423027012712322496

 

現在、うつ病の人は増えて行く一方です。

それは日本でもアメリカでも同じです。

 

私も、昔うつ病だったので、他人事とは思えず
こうやって記事にすることが多いです。

 

相談に来る人は、心が病んでしまっていて
薬に頼らないと生きていけないと思っている人も多いですし
家の中に閉じこもってしまっている人が多いです。

 

そのような人たちは、心療内科や精神科へ行くんですよね。
そして、「毎日、体がだるく、気分がすぐれません」
と相談するとお医者さんは「あなたはうつ病です」と言うそうです。

%e5%ad%a4%e7%8b%ac

 

そして、その人は安心するのです。

「私は、病気だった」と確認でき、
病名がわかったことでほっとするらしいのです。
そして、医者が出した薬を飲み続けるんですよね。

 

そうなってしまうと、なかなか薬から逃れられなくなります。

 

でも、そんなつらい毎日から
抜け出すことができる方法があるんです。

 

実は現代の最新医療で、うつ病は
「脳内で起きている炎症」が原因だと
わかってきています。

 

その原因がなんと食品から来ている可能性があるんです。

 

まさか精神的な問題が、毎日食べている
「パン」から来ているなんて誰も信じないですよね。
誰もパンが悪いなんて思わないですから・・・。

 

でも、仕事もできないような重度なうつ病の人が小麦製品を
全て辞めたらうつ病が改善したという例が山ほどあるんです。
私の周りにもそのような人がたくさんいます。

 

小麦製品に含まれるグルテンというたんぱく質は
食品過敏を起こしやすく食品過敏が起きてしまうと
免疫が反応してしまい、体内炎症が起きてしまうのですね。
(これは、小麦製品に限りませんし人によっても違います)

 

%e3%82%89%e3%83%bc%e3%82%81%e3%82%93

 

 

その炎症を誘発させる物質を

「サイトカイン」というのですが、
このサイトカインが大量に出てしまうと
脳内で必要な神経伝達物質を阻害してしまうのです。

 

サイトカインが大量に出ている状態、
つまり体内炎症が起きている場合は、
あらゆる神経系の問題が起きてしまいます。

 

体の中で炎症が起きると脳内でも炎症が起きてしまいます。
そうなると、神経伝達物質である
セロトニン(幸せを感じられるホルモン)の分泌が
妨げられてしまいます。

 

こういうことから、グルテンというものが
脳内の神経伝達物質を阻害し、学習障害、発達障害、
ADHD、うつ病、統合失調症などと
密接に関係していると言われるのです。

 

まさか自分が好きで食べているパンやパスタや
ラーメン、うどんがうつ病の原因だとは
誰も考えないでしょう。

 

一度試しに小麦製品を辞めてみて下さい。

最低3週間は本気で辞めてみてください。

うつ病が劇的に良くなる可能性がありますよ。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました !

*******************************************************

i32nfwwr_ywwqmz1480390263_1480390985

コメントを残す

このページの先頭へ